ニキビに豆乳がいいってホント?真実は?

ニキビを予防するためにできることは、たっぷりの睡眠に栄養バランスの取れた食事が鉄則。チョコレートがダメ、ピーナッツがダメとかN.G.食材も多いですが、逆に「この食材を取った方がいい」と言われるものもあります。それが、豆乳です。

ニキビと豆乳の記事を、まずはご参考にしてみてください。

割と、「〇〇は食べちゃダメ」といわれますが、逆に「この食材を積極的に食べよう!」とは言われないものなんですね。バランスのよい食事が推奨されるので、1つの食材だけを食べて満足してしまうのは、いくら栄養価の高い食材でも、バランスがよくない食事と言えるのでしょう。豆乳にも、積極的に摂るべきという声、ニキビにはそんなに効果はないという声があります。こうなると真実が気になります。

豆乳には大豆イソフラボンが多く含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンの成分に似ているため、テレビで紹介され、女性に人気となったことがありました。加齢で女性ホルモンが減少しホルモンバランスが崩れることでニキビができる場合は、この大豆イソフラボンがいいわけですね。若い人でも、無理なダイエットをすると女性ホルモンの量が減ってしまうことがあり、ニキビができる場合があります。そのため、ホルモンバランスを整えるためにも大豆イソフラボンの多く入った豆乳を飲むべきです。

そして、ビタミンBや大豆オリゴ糖も配合されています。便秘対策として豆乳を飲む人もいるくらいです。便秘改善できたら、吹き出物ができる可能性も低くなります。

ただし、N.G.な例もあります。それが調整豆乳を飲むことです。上にあげられた効果が期待できるのは「無調整豆乳」と呼ばれる豆乳のみ。最近では、紅茶やコーヒー、抹茶味の豆乳もあります。私はバナナ味の豆乳が好きです。でも、これにはお砂糖が添加されていたりするので、飲みすぎは気をつけないといけないんですね。

飲みすぎると、冬は冷えにつながります。飲みすぎは何にしてもよくありません。適切な量を守って、サプリメントのように豆乳をとっていくと、ニキビのない生活を過ごせたりするかもしれませんよ。