プロアクティブのニキビ対策 合理的な理由

今では年を取ってしまっているけれど、若かりし頃、10代にはニキビもできました。そんな時に兄弟から言われたのは、「よく顔を洗ってなかったから埃が肌に入り込んだんだ」という言葉です。これ、間違っているような気がするんですけど、一方で合っている部分もあります。

ニキビはホルモンバランスの崩れで起こります。また、ファストフードやインスタント食品の食べ過ぎによる食品添加物の過剰摂取、睡眠不足、疲れも原因のひとつです。そして、対策として洗顔で皮膚をキレイにすることが第一歩でもあります。

顔にできたニキビ対策は、まず、患部をキレイにするところからはじめます。泡立てた洗顔フォームをやさしく顔に乗せてこすらず洗う。これがまず第一。そして、化粧水や乳液で、水分補給と保湿を行うことが第二です。洗顔はニキビの予防法にもなり、同時にニキビ治療としても「肌をキレイに保つ」意味で合理的なわけです。いささか兄弟の言った”埃が肌に入り込んだ”表現は行き過ぎですが。

最近のプロアクティブもいいと思っています。ただ、ちょっと高いですね。ニキビ専用製品は値段も高いものが多いので、吟味して使うのがいいかもしれません。

洗顔、化粧水、乳液の3ステップなのも合理的です。洗顔の方法は泡立てネットでしっかり泡立てて使います。初回限定でブラシがついていることもあるので、洗顔ブラシを使って優しく洗うこともできます。そして、インターネットからも注文できるので、世の中便利になったものだと思います。ドラッグストアに行くのが恥ずかしければインターネットから注文して自宅に届けてもらうこともできます。

しかもプロアクティブでは60日の返金保証があるので、使ってみて合わなければ返金してもらうのもいいでしょう。

ただ、ニキビを治療するにも1ヶ月は最低使ってみないと効果はわかりません。肌サイクルは28日なので、合わないか判断するにも1ヶ月は必要です。人によってはクレーターのようになっているなら、もっと様子を見ないといけないことも。10代のニキビ原因でもあるホルモンバランスの乱れなどは原因を取り去ることができないので、洗顔したからといって解決しない場合もありますが、やってみる価値はあるでしょう。