つぶすべきかどうか ニキビができた時の処置

ニキビができたら、つぶして治す人もいるようです。ただ、この「ニキビをつぶすべきか」について、色んな論争があるようです。赤ニキビは炎症しているので潰したらダメとか、黒ニキビや白ニキビならいいとか、化膿しているならむしろ潰した方がいいとかいう話です。

そもそも、白ニキビと赤ニキビの違いがわからないこともあるでしょう。ニキビは毛穴に角質が詰まってできますが、白ニキビは皮脂が毛穴に詰まった状態のもの、そして赤ニキビはアクネ菌が増殖して炎症を起こしている状態です。色の違いで白ニキビ、赤ニキビと呼ばれます。

ニキビは潰すと治りやすくなるといいますが、間違った対処法をして、結果として顔にニキビ跡が残るリスクがあるくらいなら避けた方が無難です。そして、早めに皮膚科に行きなさいと言いたいです。世間では、つぶすべきか、つぶさないべきか人によって違い、白ニキビは炎症していないので、つぶして早く治す自己流の処置があるようです。確かに、医師がニキビの中を物理的に摂りだす処置、「面皰圧出」法を取ることもあります。でも、これは消毒した手で、手袋着用で、レーザーや針を使って処置します。

とにかく、シロウト判断はキケンです。手に雑菌がついていたり、ピンセットなどに汚れがついていたり、結果、皮膚にキズをつけてしまうこと、指や器具の雑菌がついてしまい……。そうなると、いくら白ニキビだったとしても悪化する可能性は高くなります。

クレーターのような跡がついたり、ニキビ跡が目立つこともあります。

あとをのこさないためにも、皮膚科医に診断してもらうのが何より大切。見ていると気になる気持ちはわかりますが、ちょっとした出来心で潰して、顔にニキビの跡が残るくらいなら、コツコツ治療をした方がいいような気がしませんか?

医師によっては、潰すように見える治療を施すこともありますが、それは専門家判断。見よう見まねで同じような治療をしない方がいいでしょう。