チョコレートがニキビの原因に?それは間違いだった!?

チョコレートがニキビの原因と言われています。それは本当なのか調べてみたのですが、チョコレートが原因ではない説が多いようなんです。

食生活が乱れるとニキビができる、チョコレートの食べ過ぎでニキビができると言われていますが、チョコレートアレルギーでもない限り、すぐに吹き出物ができることはありえません。カカオアレルギーの人は、食べることで吹き出物ができたり鼻血が出たりします。このアレルギー症状は、あまりにひどいようならアレルギーかどうか検査してもらわなくてはいけません。医師に相談してください。

プロアクティブのホームページに書かれていることですが、チョコレートを食べたとしてもニキビの直接的な原因になりません。

では、何が問題なのかというとチョコレートに含まれる食品添加物です。カカオマスだけでなく、一般的なチョコレートだと砂糖やココアバター、油脂が含まれています。チョコレートに含まれる添加物が肌に悪いのです。

しかも女性のホルモンバランスにも関係があります。女性はストレスがかかったり、ホルモンバランスの乱れている時に甘いものを欲します。脳が自然とそういう流れになっています。そんな時にチョコレートを口にすると、ホルモンのバランスが乱れている時は肌が不調な時なので、余計にニキビができやすくなります。そしてチョコレートの過剰摂取をしてしまうことも原因です。1個だけでなく2個3個と食べていく過食も、ホルモンバランスが悪い時には起こりがちです。

食生活の乱れとしてあげられることとしては、ファストフードやインスタント麺を食べるとニキビができるのと同じ話。つまりは、添加物の含まれたチョコレートが悪いので、時々、カカオ成分の高いチョコレートを食べるだけなら大丈夫です。

食生活の乱れとしては、糖質や脂質を摂りすぎ、ビタミン不足やたんぱく質不足でもなりやすいです。コーヒー、アルコールもニキビの原因と言われていますが、適度な量を保てば大丈夫とも言われています。食べるとすぐにニキビができるなんてことは、迷信のたぐいと言っていいでしょう。